子宮けいがんの予防

子宮けいがんの予防

子宮けいがんは検診を定期的に受診することでほぼ確実に予防可能である。また、HPV感染のうち、4種類に対する発病に関してはワクチンもある。

子宮がんには二種類あり、子宮体がんと子宮けいがんです。
この二種類は名前は似ているけれど、ぜんぜん違うがんと言っていい。

子宮頸(けい)がんは子宮の入り口に出来るがんであり、ヒトパピローマウィルス(HPV)の長期間の感染つまりセックス等によって発症する可能性のあるがんで、子宮体(たい)がんは、子宮の奥に出来るがんなのです。

子宮がん検診は通常は子宮頸がんの検診となり、子宮体がんも子宮がん検診を受けましょう。確実な方法としては細胞診をHPV検査の両方を受けることです。

子宮がん検診を受けることによって異形成(子宮頸がんになる前の病気)の段階で見つかる可能性があります。異形成つまり子宮頸がんになる前の段階で発見することをおすすめします。

子宮けいがんは定期的ながん検診で子宮けいがん予防が可能です。もう一度書きますが、HPV(ヒトパピローマウィルス)検査と子宮の細胞を削り、診断を受けることが必要です。

子宮けいがんだけの予防ではなく、がんからあなたやあなたの家族を守るため「がんを防ぐための12か条」があります。

1.バランスのとれた栄養を取ること
2.毎日、変化のある食生活をすること
3.食べすぎを避け、脂肪は控えめに
4.お酒はほどほどに
5.タバコは吸わない
6.食べ物から適量のビタミンや繊維質をとること
7.塩辛いものは少なめに、あまり熱いものは避ける
8.焦げた部分は避ける
9.カビの生えたものに注意しとらないように
10.日光に当たり過ぎないこと
11.適度にスポーツをすること
12.身体を清潔にしましょう。
    (財)がん研究振興財団より

>がん(癌)と告知されたあなたへ、食事療法でがん(癌)と闘いませんか<

子宮頸がん、子宮体がんと診断されたら

最近は、子宮頸がんの検索数がうなぎ上りに増えています。
その中でも、子宮頸がん、ワクチンの検索が多いですね。
ということは、子宮頸がんをワクチン接種することで、予防する。

いい流れだと思います。

そして、子宮頸がん、子宮体がんと診断されたら、
食事療法を試してみてください。
一般の治療方法は、手術と抗がん剤投与と放射線照射ですね。
これからすべてに共通していることは体力を消耗し、免疫力を低下させる

食事を徹底的に見直して、食事で体力をつけ、免疫力を向上させ
そのことで、癌細胞を消滅させる。
夢のようなこととお思いでしょうが、実績があるのです。

人間の体は水と食べ物からできている
これは、誰でも知っていますね。
が、その水と食べ物の内容如何で病気になったり健康になったりする。

実は、井上俊彦先生のメディカルイーティングのマニュアルの
一部を読ませていただきました。

メディカルイーティングの基本ルール
・食材を見直す
・癌に危険な食は断つ
・食のバランスを心がける
・食事の管理を怠らない

そして、ミネラル不足、体液の酸性化、免疫力の低下を改善するのに
・充分でかつ良質なミネラルの摂取
・体液を正常のペーハーとするPH7.35〜7.45
・高い免疫力の実現

本来、体内に存在するナチュラルキラー細胞ががん化を防いでいると言われます。

食事の内容や食事の摂り方(噛む回数など)を変えることで、
体内に癌と闘う兵隊を送り込み様なことをし、癌細胞を退治する。
もちろん、食事療法なので、副作用はありませんし、自宅で癌と闘うことができます。


>>>井上俊彦先生のメディカルイーティングはこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。